2010年F1ブース鈴鹿ベイロータリー
 

6ベイロータリークラブ友好会の皆様、ようこそ鈴鹿へお越しいただきました。さきほど国際レーシングコースを走っていただきましたが、如何でありましたでしょうか。 少々はレーサーの気分を味わっていただけたのではないかと思います。このサーキットも簡単には走らせてくれません。貴重な体験をしていただいたと思います。さて、鈴鹿ベイも少数となり、少数精鋭と言いたいところですが、まだまだロータリアンとして勉強中でございます。ご来場皆様へは精一杯のおもてなしを、と心がけておりますが不行き届きの点は6 ベイの友情に免じましてお許しいただきますようお願いいたします。今夜の交流会にはお酒を酌み交わし、6 ベイの友情をさらに深めていただきたいと思います。また明日は伊勢神宮に参拝いたします。心を清め、次なる活力につなげていただきたいと思います。簡単ではございますが、歓迎の挨拶とさせていただきます。

鈴鹿ベイロータリークラブ
2009〜2010年度  会長 稲垣弘泰

 

この度は6ベイロータリークラブ友好会・第16回交流会を開催いたしましたところ、6ベイ交流会会員の皆様にはご多忙の中多数のご参加を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。さて「6ベイロータリークラブ友好会、第16回交流会 in SUZUKA」は如何でありましたでしょうか。サミット会議に始まり、国際レーシングコース体験走行、そして懇親会から二次会へと何かと気忙しいプログラムに加え、場内広域各所への移動にはたいへんなご心労をおかけしたと思います。加えて、翌日の「伊勢神宮公式参拝」にも6ベイ会員様の多数のご参加に、重ねて感謝申し上げます。ご参加各位には、その時々のご無礼があったと存じますが、ロータリーの友情に免じ、平伏してご容赦の程お願い申し上げます。このような事を申しながらも、約二十数名になった当クラブ会員が一丸となって、計画から準備、そして開催までを一致団結して過ごした日々を振り返れば、今交流会を一番楽しんだのは鈴鹿ベイロータリークラブの会員であろうと思いました。ロータリーとは何と素晴らしいところと感動し、ロータリアンであることに、皆様と共に改めて誇りを感じるばかりです。この度の6ベイ交流会の成功は、会員皆様と共に勝ち得たものと後々まで心に刻みたいと思います。みなさま本当にありがとうございました。

親睦活動委員会 委員長 大泉博典

→2010年6ベイ交流会パンフレット