2009年F1ブース鈴鹿ベイロータリー
F1日本グランプリで「友愛の広場 in SUZUKA」開設

ただいま、SUZUKA。おかえり日本グランプリ。 3年ぶりにF1日本グランプリがSUZUKAに戻ってきました。
去る10月2日(金)から4日(日)までの3日間 リニューアルされた鈴鹿サーキット国際レーシングコースにおいて、
モータースポーツ最高峰のF1レースが開催されました。 鈴鹿ベイロータリークラブは1991年3月創立以来、
鈴鹿サーキット内に事務局を設け、 毎週木曜日には同場内ホテルを例会場として使用してまいりました。
私たち会員一同は、世界に名を馳せた場所を基にロータリー事業を行えることを誇りとし、常にSUZUKAの
名を世界に発信していきたいと考えております。 そして好機来る!鈴鹿ベイロータリークラブは3年ぶりの
SUZUKAで のF1日本グランプリに於いてロータリー旗を高々と掲げ、グランプリに集うロータリアンを
お迎えするための「友愛の広場 in SUZUKA」を開設することができました。
SUZUKAでのF1開催にあたり、鈴鹿ベイロータリークラブでも何か行動を!
と手探りではじめた今回の広場ですが、今回のような形もロータリーの大切な奉仕事業だと感じました。
又ホームスティされた方々も5名ほどみえましたが、二日目終了後の懇親会ではレース談義に
、ロータリー談義にと大いに盛り上がり、楽しい夜を過ごすことができました。
決勝レース終了後には皆様方から 「来年も必ずSUZUKAに来ます」 「来年も是非お会いしましょう」と
それぞれが再会を約束し、 日本各地に帰って行かれました。
今回お世話になった多くの方々にお礼を申すのは言うまでもなく、
何よりもご来場いただいた全国のロータリアン約30名の皆様に心より深々とお礼を申しあげます。
「F1日本グランプリ2010」は来年10月、再びSUZUKAで行われます。
お出かけのロータリアン方々は是非「友愛の広場 in SUZUKA」へお立ち寄りください。
会員一同心よりお待ち申しております。

鈴鹿ベイロータリークラブ  会長 稲垣弘泰