第16年度 2006〜2007

第十五代会長:大泉 博典

基本方針

鈴鹿ベイロータリークラブも次なる時代へ向けての大きな大一歩となる16年目を
むかえました。
本年度は、少年柔道大会、鈴鹿病院ボランティア活動、鼓ヶ浦海岸の植樹の事業
など等、より良いボランティア活動を展開していきたいと思っています。
本年度は「率先しよう」のテーマに基づき、良い事をして、良い友を作って、一息し
てから又次が始まります。率先しよう、奉仕活動に!

事 業
1.会員純像1名の達成
2..鈴鹿ベイロータリークラブ杯少年柔道大会の開催(10月29日)
3.はごろも並木復活大作戦(鼓ヶ浦海岸の植樹)
4.国立鈴鹿病院でのボランティア活動(7月26日・12月13日)
5.薬物乱用防止への積極的活動
6.ロータリー財団の年次寄付金 会員一人当たりの目標100ドル以上の達成.
7.職業奉仕委員会担当例会の開催(9月16日)

8.米山記念奨学生の受け入れ トルコ共和国コッチ・ムスタフェ君の男性


例 会
1.出席率向上
2.卓話の実現(プログラム委員会)
3.鈴鹿シティロータリークラブとの合同例会開催(鈴鹿ベイR.C担当j)