会長あいさつ

宮崎 弘雄

  2008−2009年
  鈴鹿ベイロータリー会長

         宮 崎  弘 夫

 

2008年〜2009年の“基本方針”

2008-09年RI会長李東建(リ・ドン・ゴン)氏のテーマは「夢をかたちに」です。次世代を担う子どもたちの夢を叶えてあげられるようロータリークラブは活動しましょう、と唱えております。鈴鹿ベイロータリークラブは、地域が必要とする奉仕活動を見出し、これを推進し、地域の子ども達の夢が叶えられるよう奉仕活動を行っていきたいと考えています。

そしてクラブは・・・
会員増強が難しくなっている昨今、新入会員へのオリエンテーションを省略し、例会の出席率を上げるためにクラブ独自の色々な緩和策が講じられ、等々から本来のロータリーの規律を見失っていたように感じます。今一度ロータリー規律を思い起こし、それを順守し、心物ともに活気あるクラブへと戻るべきと考えます。その行動と自信が会員増強に、ひいては退会防止に?がると確信しております。

そして私は・・・
本年、ロータリークラブの原点を明確にする為に、一年間を親睦活動〜会員倫理を重きに据え、大きな意味でのクラブ奉仕活動を最重点課題に取り組んでいきたいと考えております。
そして会員の皆様は・・・                       
職業奉仕を通じ、ロータリアンとしての義務と責任を果たすことを誇りに、親睦の輪(和)をもってロータリーを楽しむ気持ちを忘れないでほしいと思います。

2008年〜2009年の“基本計画”

事 業
 1)奉仕活動
  ・はごろも並木復活大作戦(植樹)を成功させましよう。
  ・国立病院機構鈴鹿病院の患者さんとのふれあい交流活動を成功させましよう。
  ・新規事業として、地域が求める社会奉仕活動を研究し、実行しましょう。
  ・鈴鹿ベイロータリー杯 少年柔道大会を成功させよう。
  ・おじさん先生を続けましょう。

 2)クラブ奉仕
  ・クラブ協議会を積極的に開催し、より楽しくより有意義なロータリー活動ができるために
   会員
総意のもとでの事業・例会等を改善していきましょう。

 3)親睦活動
  ・委員会はクラブの親睦を重んじ、ロータリーを楽しむために親睦事業を積極的に開催しよう。
  ・会員は会員の和(輪)を強固なものにするためにロータリーの親睦事業へ積極的に参加
   しましょう。

 4)会員増強
  ・クラブの活性化を進めるのは会員増強です。クラブ全体で新入会員の推薦に励みましょう。

 5)STAR
  ・新入、既存会員の区別無く、規則を順守し、ロータリアンとしての義務と責任を再認識しよう。

 6)ロータリー財団
  ・ IMのホストクラブとして、テーマを「ロータリー財団への理解」としております。
  ・ ロータリー財団へのご理解をいただき、会員皆様のご協力をお願いいたします。

 7)I・M(インターシティ ミーティング)
  ・鈴鹿ベイロータリークラブ担当のIMを会員全員の力で成功させましょう。

 8)クラブ広報
  ・地域・国内・海外を問わず鈴鹿ベイR・Cの名と事業を広く広報しましょう。

理事・役員会
 1)例会プログラムについて
  ・担当委員会より出された例会内容を十分に協議し、楽しく有意義な例会を開催できる
   ようにしょう。

 2)理事・役員会の開示について
  ・理事・役員会で決定された事項については、例会にて報告します

例 会
 1)職業奉仕を実践するロータリアンとしての自覚を認識、規律正しく楽しい例会にするよう
   心がけよう。
 2)会員の健康管理を目的とした例会を開催しましょう。
 3)道下俊一先生の卓話例会では100%例会を目指しましょう。