会長あいさつ

伊藤正典

  2011−2012年
  鈴鹿ベイロータリー会長

         伊 藤 正 典

 

2011年〜2012年の“基本方針”

私達鈴鹿ベイロータリークラブは、今年度、創立21年目の新たな一歩を迎えます。会員の皆様のご協力と理解と団結を力として、厳しい社会情勢の中ロータリーの原点に戻り、会員の親睦を深め、奉仕活動を行ってまいります。
今年度RI会長のテーマは「こころの中をみつめよう、博愛を広げるために」を掲げ、「家族」「継続」「変化」の三項目を強調されています。
背景には 厳しい社会状況の変化があり、モラル、道徳、礼儀、節度等人間としての基本が失われつつある時代において、ロータリアンの在り方を求め、「こころ」「ひとびとのつながり」の大切さを原点とした、より密接な人間関係を築くこと、地域社会への奉仕活動を求めています。
私達は ロータリアンとしてのマナーとルールを守り、継続事業の実行に務め楽しいクラブづくりを目標にしてまいりますので、皆様の一層のご協力をよろしくお願い申し上げます。

2011年〜2012年の“基本計画”

事 業 奉仕活動

  1) 会員の増強
  2) はごろも並木復活大作戦
  3) 鈴鹿ベイロータリーグラブ杯少年柔道大会の開催
  4) F1日本グランプリ「F1・友愛の広場」の開催
  5) 独立行政法人国立病院機構 鈴鹿病院の患者様とのボランティア交流会の実施
  6) 
おじさん先生講師の派遣


例 会
  1) 出席率の向上
  2) 会員卓話の実現
  3) クリスマス夫人同伴例会の開催
  4) 宿泊例会の開催

  5) 職場訪問例会の開催