2006-2007活動報告
 米山記念奨学生支援活動
 鈴鹿病院 筋ジストロフィー病棟 夏まつり 支援ボランティア活動
 鈴鹿ベイロータリー杯 少年柔道大会の開催
 鈴鹿病院 筋ジストロフィー病棟 クリスマス 支援ボランティア活動
 はごろも松並木復活大作戦 植樹活動
 ケシのクリーンアップ(除去)活動

 

[▲TOP]

米山記念奨学生支援活動

米山奨学会委員会

2006/07/6


米山奨学生として、トルコ共和国出身、コッチ・ムスタファ君(男性)を一年間受け入れることとなりました。現在鈴鹿国際大学在学中。第一例会日には出席してもらい近況報告等を聞かせて頂いています。


(財)米山記念奨学会 ハイライトよねやま 81 に 掲載されました

 

[▲TOP]

鈴鹿病院 筋ジストロフィー病棟 夏まつり 支援ボランティア活動

社会奉仕委員会

2006/07/26
国立鈴鹿病院

当クラブは創立以来独立行政法人国立病院機構鈴鹿病院へのボランティア活動を通じて、患者の方々と交流をもってまいりました。
今年も病院の夏祭りに協力し患者さんたちが楽しみにしている「喫茶コーナー」と「幼稚園児の太鼓の演奏」と「白子高校ボランティア部の風船アートと吹奏楽部の演奏」を関係者の協力を得て会員とその家族で運営し交流を深めてまいりました。

 

[▲TOP]

鈴鹿ベイロータリー杯 少年柔道大会

新世代委員会

2006/10/29
鈴鹿市武道館

本年度は第15回大会ということもあり、お揃いのスタッフジャンパーも新調しました。例会セレモニーも一般の方々同席の上行いました。記念大会ということで、鈴鹿市立飯野高校柔道部男女の模範演技も披露してもらいました。小中学生も熱心に観ていました。今後の柔道の練習の参考になることでしょう。          

 

[▲TOP]

鈴鹿病院 筋ジストロフィー病棟 クリスマス  支援ボランティア活動

社会奉仕委員会

2006/12/13
国立鈴鹿病院

園児(サン幼稚園)よるクリスマスソングをオープニングに白子高校の吹奏楽部の演奏とボランティア部の川柳大会の朗読そして、国際大学の留学生による出身国の紹介等盛りだくさんのメニューにより患者さん達との交流を深めました。例年同様に会員奥様の協力のもと飲み物やお菓子の喫茶コーナーも喜ばれました。病院長より大泉会長に感謝状が授与されました。 皆様のご協力に感謝致します。         

[▲TOP]

はごろも松並木復活大作戦 植樹活動

環境保全委員会

2007/2/28
鈴鹿市鼓ヶ浦海岸 ( 中日新聞引用)

鈴鹿市寺家町の鼓ヶ浦海岸で28日、同市白子小学校6年生95人が卒業記念にクロマツの植樹を行いました。鈴鹿ベイロータリークラブが十数年前から同海岸の松並木復活作戦の一環として、地元の白子小と鼓ヶ浦小の6年生と一緒にこの時期に植樹活動を続けている。クロマツの苗800本は鈴鹿ベイロータリークラブで準備しました。鼓ヶ浦小の6年生は集団風邪で学年閉鎖になったため、今回は同クラブの会員約35人が代わりに植樹しました。白子小の児童はクラブ会員達から土壌改良剤や保水剤を使って植樹する方法を教わり、協力して高さ30cmから40cm程の苗約200本を植えた。児童はスコップで海岸に穴を掘って丁寧に苗を植え、「自分達で植えた松が大きくなってくれるのが楽しみ」と話しながら植樹に励んでいました。 午後からは鼓ヶ浦中学校153名が植樹を行いました。例年は冬の海風が冷たくて大変な作業ですが、今年はすごく暖かな良い天候でしたが、温暖化と環境保全を考える事業として必要性を再確認致しました。
         

 2007年3月1日
     中日新聞 掲載記事

 

[▲TOP]

ケシのクリーンアップ除去活動

新世代委員会

2007/5/11

三重県が行うケシのクリーンアップ運動に当クラブ会員10名余りが参加しました。県職員4名並びに鈴鹿警察署員2名が同行し、河原田地区と国分地区の2ヶ所に自然生息するケシ約1200本を除去しました。
会員の皆様も街中の花に注目してみましょう。ケシを発見したらすぐに保健所まで報告してください。